製品情報PRODUCT INFO

赤外線計測機器・装置

光部品・モジュール

光学部品向け非接触検査・評価装置

その他光学機器・部品

超小型視程計

霧・雨・雪、様々な気象条件下での視程(水平方向の見通し)計測が可能!

吹雪や大雨による視程障害が発生した時には、自動車を運転していたり屋外作業をしている状態では視界不良に陥り危険を伴います。
超小型視程計は軽量で小さく安価に視程を計測でき、気軽に視程状態をモニタリングできます。

デモ機の用意がありますので、まずはお気軽にレンタルからご相談ください。

カタログダウンロード

5モデル

  • 超小型視程計(標準)・・・光学の測定方法を用いて、視程を算出する。
  • 超小型視程計(10K)・・・標準モデルの測定算出距離を10kmまでに拡張したモデル。
  • 超小型視程計(天候判別)・・・霧、雨、雪を判別するモデル。降水・降雪強度(mm/h)等も算出する。
  • 超小型視程計(車載)・・・車載用に改良されたモデル。
  • 超小型視程計(屋内)・・・屋外用に比べ測定エリアや測定時間などが改良されたモデル。

 

パソコンに繋ぐだけで簡単視程測定。常設での使用はもちろん、小型軽量でお持ちのパソコンにデータ保存ができるため、持ち運びにも最適です。

 

小型で組み込みが簡易、かつ安価なので、霧検知・吹雪検知・豪雨検知などのシステム構築の際のセンサー部分として役立ちます。

 

レーザー光を空間に照射し、センサー付近に存在する散乱粒子(霧など)からの後方散乱光を検知し、視界がどれくらいあるかを出力するため、 センサー付近に障害物がないことが前提となります。

特長

  • 24時間リモート監視
  • 小型軽量
  • 屋外設置を想定した堅牢なつくり

アプリケーション

 

  • 簡易的な気象観測に
  • 濃霧発生時の警報発令等、交通関係の警報器などに
  • 道路上の視界良し悪しの判別
  • 山岳付近における視程のリモート監視

仕様

 

 

標準

10K

天候判別

車載

屋内

測定方式

後方散乱

測定算出距離

20m~4km

10m~10km

10m~5km

5m~1km

2m~1km

データ出力間隔

30秒

30秒

60秒

1秒

3秒

光源波長

850nm

850nm

980nm

850nm

850nm

光源出力

LED

Class 1M

LED

Class 1M

赤外レーザー

class3R

LED

Class 1M

LED

Class 1M

寸法

(幅*奥行*高さ)

68x34x45 mm

※車載モデルのみ、超小型視程計を2つ使用する

重量

約170g

※車載モデルのみ、超小型視程計を2つ使用する

使用環境温度

-20 ~ +50 ℃

電源

DC12V

電力消費量

50mA以下

データ出力

RS232デジタル出力(アナログ0-5V出力も一部可能)

レンタル

AC100Vのコンセントだけを用意すればその場で視程測定が開始できます!

 

レンタルについての詳細はこちら

 

レンタルのスケジュールに関してはお気軽にお問い合わせください。

この製品について問い合わせる

翻訳