製品情報PRODUCT INFO

赤外線計測機器・装置

光部品・モジュール

光学部品向け非接触検査・評価装置

その他光学機器・部品

乾熱滅菌 インキュベータ用 CO2/炭酸ガスセンサ

乾熱滅菌が可能なCO2濃度センサモジュール
(NDIR式 CO2濃度計/CO2濃度センサ)

・耐環境性に優れた光学部品・設計
・乾熱滅菌チャンバ内へ直接設置が可能

アプリケーション

  • 細胞培養インキュベータでのCO2濃度モニタリング
  • CO2濃度センサモジュールを設置したまま、乾熱滅菌が可能

仕様

 

140-HS

180-HS

【データシート】

【データシート】

測定ガス種 CO2 二酸化炭素
測定範囲 0~20 Vol.%
ガス供給 拡散タイプ(雰囲気の濃度測定)
起動時間 < 1 minute (start-up)
< 15 minutes (full spec)

 

測定精度

± 0.2 Vol.-% ± 2 % of reading

※ 37℃、1013 hPa、乾燥ガス(校正ガス許容範囲±1%を除く)

応答速度 (t90) ≤ 30 s
デジタル解像度 0.001 Vol.-%
温度依存性

≤ ± 0.1 Vol.-%

※ CO2濃度 1~20 Vol.%、+20~60℃、1013 hPa

圧力依存性

≤ ± 0.05 Vol.-%

※ CO2濃度 5 Vol.-%、+37℃、600~1200hPa

長期安定性/年

≤ ± 0.4 Vol.-% at 5 Vol.-%

≤ ± 0.2 Vol.-% at 5 Vol.-% 

※ 熱殺菌なしで安定した+37℃での測定

湿度補正

0~200 hPa H2O

※ 相対湿度 ≤1% rH、≥ 85℃ オートスタンバイ、非測定時

 
供給電源 12-24V DC(消費電力2W以下)
出力

アナログ:4 – 20 mA

デジタル:RS232、Micro-Hybrid industrial protocol

出力コネクタ形状:M5(5ピン)コネクタ

動作温度・湿度 0~+60℃、相対湿度100%以下(結露無きこと)
保管温度 -25~+85℃

乾熱滅菌時の最高温度

(センサヘッドのみ)

150℃ 190℃

 

※上記仕様は予告なく変更となる場合がございます。ご了承ください。詳細仕様はお問合せください。

設置

  • 設置イメージ

インキュベータ壁面にφ24mmの穴を設け、高耐熱のセンサヘッドのみがインキュべータ内に配置されるよう設置してください。

CO2センサの図面やOEM対応についてはお気軽にお問合せください。

接続

  • 接続ケーブルのピン配置、コネクタ形状

詳細は 【こちらのPDF】  をご参照ください。

 

Type Esto メス コネクタ

シリーズ 712

ワイヤーカラー ピン番号 機能
White 1 Vcc
Brown RS232 Rx
Black 3 RS232 Tx
Blue 4 Common GND
Grey 5 Current output
この製品について問い合わせる

翻訳