製品情報PRODUCT INFO

赤外線計測機器・装置

光部品

その他光学機器・部品

SWIRカメラ NIRCam640HS

超高感度SCD社製検出器(Cardinal640)を採用した、ビジョンセンシング社製小型・高速・高感度SWIRカメラ。可視~近赤外までの広い感度を有し、最大200Hzの高速測定が可能。専用ビュアーソフト付属。高感度監視・水分検出・非破壊検査など幅広いアプリケーションに対応可能。

カタログダウンロード

特長

  • 超高感度SCD社製InGaAs検出器採用
  • 画素640×512、15µm
  • 可視~SWIR
  • フレームレート最大200fps
  • 外部トリファ撮影可能
  • Camaeralinkインターフェース
  • 付属ビュアーソフトで撮影環境に合わせて補正テーブル作成が可能
  • ビジョンセンシング社製(国産) web:http://www.vision-sensing.jp/

アプリケーション

監視用途

  • 低照度監視
  • 煙、靄を透過しての監視
  • レーザーレンジファインダー

 

サイエンス用途

  • 水分検出
  • ビームプロファイラー
  • ハイパースペクトル
  • 非破壊検査
  • 半導体ウエハ検査
  • 高温サーモグラフィー
  • 研究・開発

仕様

項目 仕様
検出器 InGaAs
測定波長 0.6―1.7µm (オプション:0.9―1.7µm)
素子ピッチ 15µm
画素数 640 x 512
露光時間 1us~90msで可変(1usステップで設定可能)
フレームレート 最大200fps・12bit
光学フィルタ 25.4mm径のフィルタを装着可能(レンズ-センサ間に挿入)
画像出力インターフェース CameraLink(Base Configuration) x 2TAP、コネクタ:SDR
制御用インターフェース RS232-C(カメラリンクケーブル)
温度制御機能 センサ内臓ペルチェクーラーによるTEC搭載(0℃推奨)
外部トリガ機能 フレーム同期・非同期トリガ撮像可能
電源 電圧: DC 12V±1V
保管温度、動作温度 −25~+60℃、−10~+50℃(いずれも結露なきこと)
寸法

67 x 61 x 86.6mm(レンズ含まず)

レンズマウント

標準仕様:Cマウント及びM42マウント兼用

 

上記仕様は予告無く変更する場合があります。

この製品について問い合わせる

翻訳