製品情報PRODUCT INFO

赤外線計測機器・装置

光部品

その他光学機器・部品

赤外センサ、カメラの試験

赤外線カメラの試験とは
主な試験項目は: ・温度校正 ・NETD(感度) ・MRTD ・SiTF ・均一性 ・視野角 など。
研究開発時の性能評価、製造時の品質検査や出荷検査、使用現場における動作確認など、様々な段階で試験が必要になります。しかし、赤外線カメラの試験をするには、専用の装置が必要になります。

赤外線カメラの試験装置とは
まずは、赤外の基準光源である黒体炉。更に、赤外イメージを作るターゲット、ターゲットとの温度差を設定できる差温度黒体炉、遠方の目標を模擬するコリメータ、測定を自動で行うソフトなど。

アイ・アール・システム では赤外線カメラの試験に必要な機器類を豊富に取り揃えております。
また、それらを組合わせた総合的なシステムから簡易的な検査装置まで、お客様のご用途や試験内容をお伝えいただければ、最適な装置を提案致します。ここに記載している以外にも多数の製品がありますので、お気軽にご相談下さい。

黒体炉 選定の手引

赤外線カメラ評価装置・コリメーター

赤外センサ評価装置

翻訳