ニュースNEWS

2022.03.05

Webinar

無料Webinar(英語) -高解像度 空撮サーモグラフィー(InfraTec)

無料Webinar(英語) -高解像度 空撮サーモグラフィー

InfraTec無料Webinar_空撮サーモグラフィー(20220614)_header

研究開発用途などに向け高性能・高機能なサーモグラフィーシリーズ、『冷却式高速サーモグラフィー ImageIR®』『非冷却研究用サーモグラフィー VarioCAM®』を展開するInfraTec社では、サーモグラフィーやそのアプリケーションに関する知識をお客様にお伝えするイベントを開催しています。

サーモカメラを搭載したヘリコプターで、ジンバルで安定化しながらサーモグラフィー空撮を行えば、3次元で赤外線情報を得ることができます。上空から撮影することにより、赤外線カメラは広範囲にわたり熱画像情報を可視化することができ、様々なアプリケーションに活用することができます。検討するプロジェクトにもよりますが、固定翼航空機を選択することでさらに実現可能な測定(撮影)の幅を拡げることができます。

今回のWebninarでは、サーモグラフィーを航空機に搭載し、上空から熱画像を取得するケースにフォーカスし、関連アプリケーションやカメラに求められる技術的要素などを解説いたします。

Programme:

  • 空撮サーモグラフィー:定義・メリット・種類・今と未来
  • 航空機搭載リモートセンシングにおけるサーモグラフィーのアプリケーション
  • 空撮サーモグラフィーの課題
  • 赤外線カメラシステムへの技術的要求
  • 冷却サーモグラフィー、非冷却サーモグラフィの比較
  • 選定に役立つ知識(重要/関連する要素)
  • 測定の実現に必要なアクセサリーのご紹介(ハード/ソフト)

ゲストスピーカー

Paul Williams氏 Highland Helicopters Ltd(ニュージーランド、ダニーデン)

スペシャルトピック:『炎をとらえる – ニュージーランドの森林火災消火活動を現場でサポートする空撮サーモグラフィー』

Sebastian Pless氏(Dipl.-Ing.) DLR(ドイツ航空宇宙センター)(ベルリン)

スペシャルトピック:『DLRのマルチ空撮カメラシステムによる炎検知』

開催日程:

① 2022年6月14日(火) 15:00~17:00(日本時間)

② 2022年6月14日(火) 21:00~23:00(日本時間)

② 2022年6月16日(木) 02:00~04:00(深夜・日本時間)

開催言語:英語

聴講方法:

下記から専用のお申込みフォーム(外部サイト)に進んでいただき、必要事項をご記入(英文)の上お申し込みください。

お申込みへ進む(開催日程①)

お申込みへ進む(開催日程②)

お申込みへ進む(開催日程③)

(InfraTec社によるセミナーのご案内(英文)(InfraTec公式webサイト))

お申し込み後、詳細等をInfraTec社からご案内いたします。

InfraTec社のサーモグラフィーについてもっと知りたい方は、下記ページも併せてご覧ください。

『InfraTec社製高速サーモグラフィー 採用例・アプリケーションノート』

『冷却式高速サーモグラフィー ImageIR®』

『非冷却研究用サーモグラフィー VarioCAM®』

『InfraTec社製サーモグラフィーを使ったシステムソリューション』

『専用解析ソフトウェア IRBIS3®』

InfraTec社_ロゴ㈱アイ・アール・システム_ロゴ

With kind support of InfraTec GmbH (www.InfraTec.de)

一覧に戻る

翻訳