技術情報TECHNICAL INFORMATION

黒体炉セレクションガイド

黒体(Blackbody)とは外部から入射する電磁放射を、あらゆる波長に渡って完全に吸収する物体のことで、完全な意味での黒体(理想黒体)は現実には存在しません。
黒体からの電磁放射は黒体放射と言いプランク関数で表されます。黒体炉は黒体を近似的に再現した装置で、赤外線を使った装置の基準光源として広く使用されています。

黒体炉には、大きく分けてキャビティ黒体炉と平面黒体炉の2種類があります。試験する内容に合わせてお選び下さい。
NIST準拠の高性能な黒体炉を多数取り扱っています。

当社が取り扱っている黒体炉には、下記の種類の黒体炉があります。

 

 ・キャビティ(空洞型)黒体炉→→→→高温域の用途に

 ・平面黒体炉→→→→→→→→→→→広い面積・低温域の用途に

 ・平面差温度黒体炉→→→→→→→→イメージセンサーの評価装置に

 ・低価格平面黒体炉→→→→→→→→簡易の赤外線試験装置に

 

キャビティ(空洞型)黒体炉

光源部を空洞構造にすることにより非常に高い放射率が達成できます(0.99)。

口径の大きさに制限がありますが、高温域のアプリケーションに適しています。

 

 ・狭視野の赤外線測定装置(放射温度計や赤外線カメラなど)の温度較正試験

 ・高温域の赤外線測定装置の温度較正試験

 ・赤外線検知器の応答試験

 

平面黒体炉

黒体面に放射率の高い塗料を塗り、電子冷却素子や抵抗加熱ヒータを使い黒体面温度をコントロールします。

広い面積が必要なアプリケーションや低温域のアプリケーションに適しています。

 

 ・広視野の赤外線測定装置の温度較正試験

 ・低温域の赤外線測定装置の温度較正試験 

 

製品リンク:
  高性能平面黒体炉SR800N-XA    

平面差温度黒体炉

平面黒体炉で、黒体面の前にテストパターンのスリットを置き、周囲温度に対しての黒体面の温度(差温度)をコントロールすることにより、赤外イメージを作り出せ、イメージセンサーの評価装置として最適です。

 

 ・赤外線カメラの性能評価試験

 ・2次元赤外線アレイ素子の性能評価試験

 
 

低価格平面黒体炉

簡易の赤外線試験装置として、低価格のご要求に対応した、当社が開発したシステムです。

 

 ・DBB-50など

 

 詳細はお問合せください

翻訳