技術情報TECHNICAL INFORMATION

①概要

 光の3原色は、赤(Red)、緑(Green)、青(Blue)。太陽の光をプリズムで分けると虹の7色。でも、もっと細かい色(波長)で分けることができます。さらに、目には見えない紫外線や赤外線も、波長ごとに分けることができます。それが分光です。

 分光して得られるデータは物質ごとに特有の値を示す為、人間の目では同じに見える物の違いを見分けられることがあります。カメラと同じように画像が撮影出来て、さらに分光までできる装置。それがハイパースペクトルイメージングシステムです。つまり、測定した物に含まれる物質や成分の空間的な分布を判別することができます。

 画像処理を使った選別や検査は広く使われるようになってきています。食品のサイズ、形、色、表面状態であれば、一般的なカメラでも計測できます。しかし、ハイパースペクトルカメラを使用すれば、一段とスマートな検査が可能になります。

 食品の品質は1つの要因では決まるわけではなく、多数の項目が関連します。ハイパースペクトルイメージングは、同時に複数の項目を判定でき、素早く結果を得られます。これまで困難だった検査を、非破壊+非接触で、簡単に正確に行えます。

 外観だけではなく、食品に含まれる水分、脂肪、糖分、タンパク質、組成の均一性など、品質に関わる成分を推測できます。さらに、異物、混入物、汚染物質など、消費者の安全性に関わる物質を検出することも可能になります。ハイパースペクトルカメラを用いた食品検査の具体例は、各ページをご覧下さい。

 このような理由により、食品の評価、認証、安全性において、ハイパースペクトルイメージングは重要な解析手段となってきています。さらに、素早く正確に検査ができるので、製造ラインにおいて客観的かつ自動化された品質評価が可能です。

プロセス中の自動オンライン検査

 

 Camlin Photonics社のハイパースペクトルカメラはプッシュブルームスキャン方式を採用しており、ラインカメラのような使用方法ができます。そのため、研究段階で確立したセットアップやデータ分析方法は、そのまま現場でのリアルタイムなオンライン検査に移行できます。卓上型のシステムでは、用途に応じて直動型のステージや高速コンベヤベルトを使用でき、非常に簡単に工場や実験室環境に導入可能です。また、食品工場でのスチーム洗浄に対応するよう、システムを密閉型にすることも可能です。

 高速での選別や分類は、食品分類を含む非常に幅広い用途において、ハイパースペクトルイメージングが実現可能です。分光データを空間的に取得することにより、色、形、サイズによる欠陥や、不良品、汚染、異物の判定を可能にします。
 さらに近赤外を使用すると、似たような色や形の物の中から、良品と異物を分離することができます。分光データは多くの場面において、良品、不良品を識別する要綱な手段となります。

 また、Camlin Photonics社の高度な機械学習分類アルゴリズムにより、製造ラインの装置に組込んでの識別が可能で、その結果を元にパドルやロボットアームなどのセパレータリアルタイムに動作させられます。

その他の検査については以下のリンクをご覧下さい。

   
 
   
 
 

ハイパースペクトルカメラ製品情報はこちら

翻訳