技術情報TECHNICAL INFORMATION

③主要機能及び特長

主要機能及び特長

機能

特長

高感度で広波長範囲をカバーする

ハイパースペクトルカメラの選択肢:

VNIR4001000nm

NIR9001700nm

SWIR9002500nm

測定対象の色情報及び化学組成情報を測定できます。

用途や測定対象によって、最適なスペクトルカメラを最小限の費用で効率よく配備することができます。

現時点で必要な波長のカメラのみ購入し、後から他の波長のカメラの追加購入も可能なモジュール方式のシステムです。

測定対象物上でのピクセルサイズが

同じになる光学系

複数の測定データを融合する際に、幾何補正が最小限で済みます。

RGBカメラオプション

通常のカラー画像を取得することにより、測定箇所の選択が簡単に行えます。また、スペクトルデータとカラー画像を融合することも可能です。

低照度で撮影可能

装置が高感度な為、高解像度の計測においても、弱い照明でもサンプルからの反射光を十分に得られます。つまり、調査中の美術品や文書への光の照射を最小限に抑えることができます。

高精度でロバスト性の高い

スキャナシステム

高精度の広範囲スキャナは、2m x 2m以上もの範囲に対して容易にマクロスキャンを行える分解能を備えています。

撮影距離の自動測定

巻き尺などでカメラから測定対象物への距離を測定する必要はありません。計測中に自動で距離を測定し、分析結果の空間的なマップを作成します。

リファレンスマークと基準反射板(白/黒)

基準となるリファレンスマークによって、撮影エリア全体の幾何的評価を行うことができます。

基準反射板(白/黒)を用いることで、自動で反射率の計算や露光時間の調整を行えます。

データ取得・分析をカバーする

専用ソフトウェア

先進的なデータ取得、分析を行うソフトウェアが装置に付属します。CAMLIN Photonics社は、ユーザへの納入後もシステム全体の運用をサポートし続けます。

スキャナ概要

タイプ

説明

回転型

大型の測定対象物に対するハイパースペクトルイメージングデータの高速取得が可能で、簡単に三脚に設置することができます。

デスクトップ型

A3、A4サイズの文書向け高精度スキャナで、フォーカスマークへの自動位置調整と、基準反射板(白)による反射度合補正を含みます。25µm解像度でのマクロスキャンが可能です。

広範囲型(絵画用)

2.2m x 2.2mまでのエリアを25µm解像度で全範囲にわたりマクロスキャンすることができます。

撮影距離の自動測定機能、形状トラッキング機能、撮影距離の自動補正機能を搭載しています。

ロボットアーム型

複雑な形状の測定対象物はこのロボットアーム型スキャナにより2次元的、または3次元的にスキャンすることができます。高度な空間位置精度と再現性を備えたスキャンデータを取得することが可能です。この3Dハイパースペクトルオプションは最大2つのVNIRカメラ、またはNIRカメラと共に使用することができます。

その他の項目については以下のリンクをご覧下さい。

①ハイパースペクトルカメラでの見え方  ②装置概要  ③主要機能及び特長  ④回転型スキャナ  

⑤デスクトップ型スキャナ   ⑥広範囲型スキャナ  ⑦光源 その他

 

 

ハイパースペクトルカメラ製品情報はこちら

翻訳