製品情報PRODUCT INFO

赤外線計測機器・装置

光部品・モジュール

光学部品向け非接触検査・評価装置

その他光学機器・部品

[室内除菌用]ハンディ型小型UV除菌装置 UVD-M


UVD-Mは、深紫外線(UV-C)LEDを採用したハンディタイプの除菌装置です。独自のハイパワーなLEDラインビーム技術により、一般的なUVCランプ(8W出力)と比べ5倍のUV照射量を実現。(※1)様々なエリア・対象物を短時間の照射で除菌することができます。
壁や床の除菌はもちろん、換気が難しく、化学消毒剤の散布の難しい空間や、薬品や湿気と相性の悪い繊維・家具製品などにもお使いいただけます。
床や手の届きにくい場所、高所も除菌しやすい専用のポール付き(着脱可能)です。



(※1) メーカーにて検証

なぜ紫外線で除菌?

除菌効果を持つ紫外線 UVC

紫外線帯近ごろ、各所で感染対策が推奨されていることもあり、人体、および身の回りのものを除菌してリスクを抑えたい、日常生活での安全を向上したいという思いが高まっています。それに伴い、紫外線の持つ除菌効果が一般の方にも注目されるようになりました。

紫外線は、私たちが普段目で見ている光(可視光線)より波長の短い光です。目には見えませんが、一部の波長の紫外線は太陽光として地上に到達するため、私たちは日常的に紫外線を浴びています。光は波長が短いほどエネルギーが強くなるため、可視光より波長の短い紫外線は、照射量によっては皮膚や目を中心とした健康被害を及ぼしたり、長時間の照射で物質を劣化させることがあり、取り扱いには注意が必要です。

紫外線は、特長の違いにより、さらに3つの波長帯に細かく分けられています。可視光に近い方からUVA(315-400nm)、UVB(280-315nm)、UVC(100-280nm)です。UVAやUVBの一部はオゾン層を透過して地上に到達し、主に肌の日焼けやシミをはじめ、皮膚がんや白内障の原因にもなると考えられています。一方、UVCはオゾン層を透過しないため地上にはほぼ到達しません。ですがこの波長の紫外線には高い除菌効果があることが知られており、よく知られる個人向けのスマートフォン用除菌器以外にも水・食品・空気などを対象とした除菌装置に人工的に作られたUVC光源が組み込まれています。

紫外線(UVC)を活用した室内除菌用ハンディ除菌装置 UVD-M

消毒剤orUVD-M 室内の除菌における化学消毒剤の散布や噴霧は、含まれる物質を吸引した場合の人体への悪影響や、除菌効果に対する信頼性の問題があり、一般的には推奨されていません。また、液体という性質、含まれる成分などが原因で噴霧を行った対象物にダメージを与える可能性もあります。

UVD-Mは、275nmのUVC-LEDを採用したコンパクトなハンディ型の小型除菌装置です。独自のハイパワーなLEDラインビーム技術により、一般的なUVCランプ(8W出力)と比べ5倍のUV照射量を実現。(※1)床や壁など、除菌したいエリアに向けてゆっくりなぞるように照射するだけで高速で除菌します。化学消毒剤のように対象物を濡らさず、除菌後の換気も必要ないため安全管理がしやすく、作業負担の軽減にもなります。また、光源にLEDを使用しているため長寿命。消毒剤のように定期的な追加購入が必要ないため運用コストを抑えられます。さらに、バッテリー駆動のためコードに躓いたり、コードでものを倒したりする心配もありません。

※UVD-Mは強い紫外線を発光しています。人体への照射は肌や目に健康被害を引き起こすため人に向けての照射は絶対におやめください。※

(※1) メーカーにて検証

 

ページ上部(目次)へ戻る▲

特長

  • 長寿命UVC-LED採用
  • 独自のLEDラインビーム技術

    – 一般的なUVCランプ(8W出力)と比べ5倍のUV照射量を実現(※1)

  • 化学消毒剤不使用
  • 消耗品を使用しないため運用コストが不要
  • ハンディ型 / モップ型(専用ポール付き) 両用

    – ※専用ポール着脱可能

  • バッテリー駆動・コードレスで使用可能
  • 除菌後の換気不要
  • 対象を濡らさずに除菌
UVD-M使用タイプ

(※1) メーカーにて検証

 

ページ上部(目次)へ戻る▲

使用エリア・使用対象・使用方法

UVD-Mは、化学消毒剤の散布が難しい場所や液体と相性の悪い対象でも除菌可能なため、様々な施設・エリアで、様々な対象での室内除菌にご利用いただけます。

想定使用エリア

待合室 / ロビー・ホテル / ハウスキーピング・公共交通機関内装・乗用車内・レストラン / フードコート・その他屋内施設

使用場所例

使用対象

壁・床・家具類(棚やソファ・ベッドなど)・各種交通機関・乗用車座席 など

※布や紙類にもご利用いただけます

使用方法

光源部を対象に近づけてゆっくりなぞるだけで、照射されたエリアを高速で除菌します。近くの小型な除菌対象にはハンディ型、遠くて大型の除菌対象には専用ポールを取り付けたモップ型で、対象に合わせて2つのタイプを便利に使い分けできます。

※除菌は周りに人がいないときに実施してください。また、光源部を直接除菌対象に接触させないでください。

UVD-M使用方法_壁

壁にも

UVD-M使用方法_床

床にも

UVD-M使用方法_棚

家具にも

 

ページ上部(目次)へ戻る▲

この製品について問い合わせる

翻訳