製品情報PRODUCT INFO

赤外線計測機器・装置

光部品

その他光学機器・部品

車載型路面センサー RoadEye

走行中での非接触式リアルタイム路面状態計測

Roadeyeは車での走行中に非接触式で路面状態をリアルタイムで測定するセンサーです。 複数波長の赤外線レーザーの路面からの反射を測定することにより、路面の粗さ、 路面上の水・雪・氷を識別することが可能です。路面凍結や摩耗によって 走行中のスリップなどの事故が起きる前に、道路のメンテナンス、 またそのための監視を定点ではなく車に載せることでより広い範囲で行うことが出来ます。

GPSなどと組み合わせることにより、路面状況を分布図として捉えることが出来るので、 道路管理者はメンテナンスを適所に行うことができます。

Roadeye
 
サンプル動画

赤=アイス, 黄=スノー, 黒=ドライ, 青=ウェット

特長

  • 車での走行中に非接触で路面の摩擦係数と凍結・積雪状況を測定
  • メンテナンスを適材適所に行うことで道路整備コスト削減
  • 接触式路面計測とも相関のとれた測定かつ安価
  • 北欧各国の道路局を中心に研究論文、納入実績多数

アプリケーション

  • 道路保全、メンテナンス
  • 雪氷研究

基本情報

■測定内容

 ・路面コンディション(ドライ・ウェット・アイス・スノー・シャーベット・結露)

 ・摩擦係数

 

■基本仕様

保護チューブを除いたケーシングの外形 約 50x50mm
保護チューブの長さ 250mm
供給電圧 8-15 Volt DC
電力消費量 約 50 mA.
温度幅/th> -20 ~ +40 ℃
時定数/th> 60ms
この製品について問い合わせる

翻訳