赤外線機器・部品の輸入・製造・販売
アイ・アール・システム社名
アイ・アール・システム社名(英)
TOP > 製品情報 > 赤外線部品 > 赤外窓

赤外窓

赤外窓

紫外~赤外まで幅広い波長域に対応するラインナップ。
反射防止(AR)コート、耐環境性の高いDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コートでより高い性能を得られます。
少量・特注の製作にも対応。下記に記載のない材料でもお気軽にお問い合わせください。
短納期・低価格の在庫品は在庫品一覧をご参照ください。

コーティングについて

  • AR(反射防止)コーティング:
  • 両面コーティングを施すことで100%近い透過率を得ることも出来ます。反射によるロスの大きいGe、Siには必須です。熱、摩擦、湿気、酸性・アルカリ性の薬品にはあまり強くないため注意が必要です。

  • DLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティング:
  • 耐水性・耐摩耗性に優れたハードコーティングです。屋外や沿岸での使用に最適です。裏面にARコートを施すことによって、耐環境性と同時に、高い透過率も実現できます。耐熱温度限界は300℃程度です。

    ゲルマニウム(Ge)窓   (透過波長帯:1.8~23μm)

    Ge透過率グラフ Ge外観画像

    赤外の吸収が少なく、8~14μmの透過材として最適。反射防止コート・DLCコートをつければ、90%を超える高透過率と、屋外の使用にも耐える高い耐環境性能を得られます。

    用途:放射温度計測、遠赤外カメラ撮影

    ・コート:DLC、AR(中赤、遠赤) ・推奨最高使用温度:~100℃

    シリコン(Si)窓   (透過波長帯:1.2~15μm / 25~300μm)

    Si透過率グラフ Si外観画像

    反射防止コートにより90%を超える高い透過率が得られます。近赤外~テラヘルツ領域まで広い透過帯域を持ち、DLCコートをつければ屋外など厳しい環境での使用も可能です。撥油コート対応可。

    用途:ガス分析、炎検知、放射温度計測、人体検知、中~遠赤外カメラ、THz測定器

    ・コート:DLC、AR(中赤、遠赤)・推奨最高使用温度:~200℃

    サファイア(Al2O3)窓   (透過波長帯:0.17~6.5μm)

    サファイア透過率グラフ サファイア外観画像

    キズや水に強く、ハードな環境での使用に最適。反射防止コート無しでも80%以上の高透過率です。

    用途:ガス分析、炎検知、放射温度計測、中赤外カメラ

    ・コート:AR(中赤)・推奨最高使用温度:~1500℃

    フッ化カルシウム(CaF2)窓   (透過波長帯:0.13~12μm)

    CaF2透過率グラフ CaF2外観画像

    反射防止コート無しでも90%を超える高透過率。可視から10μmまでの広い波長帯を1枚の窓でカバーできます。若干潮解性があるため室内での使用に適しています。

    用途:ガス分析、放射温度計測

    ・コート:AR(中赤)・推奨最高使用温度:600℃(常温) 900℃(乾燥環境)

    フッ化バリウム(BaF2)窓   (透過波長帯:0.15~15μm)

    BaF2透過率グラフ BaF2外観画像

    反射防止コート無しでも90%を超える高透過率。可視から14μmまでの広い波長帯を1枚の窓でカバーできます。若干潮解性があるため室内での使用に適しています。

    *BaF2は毒物劇物取締法に該当する物質ですので、ご購入に当っては関連法規をご確認の上、適切なお取扱をお願いいたします。

    用途:ガス分析、放射温度計測、遠赤外カメラ撮影

    ・コート:なし・推奨最高使用温度:500℃(常温) 800℃(乾燥環境)

    セレン化亜鉛(ZnSe)窓   (透過波長帯:0.5~22μm)

    ZnSe透過率グラフ ZnSe外観画像

    反射防止コート無しでも70%を超える高透過率。反射防止コートにより100%近い高透過率を得られます。

    *ZnSeは毒物劇物取締法に該当する物質ですので、ご購入に当っては関連法規をご確認の上、適切なお取扱をお願いいたします。

    用途:ガス分析、放射温度計測、遠赤外カメラ撮影、CO2レーザー

    ・コート:DLC、AR(中赤、遠赤、CO2レーザー用)・推奨最高使用温度:~200℃

    硫化亜鉛(ZnS)窓   (透過波長帯:0.37~14μm)

    ZnS透過率グラフ ZnS外観画像

    反射防止コート無しでも70%を超える高い透過率。耐熱性も比較的良好で、窓の冷却が難しい高温環境下での遠赤外透過材に最適です。

    *ZnSは毒物劇物取締法に該当する物質ですので、ご購入に当っては関連法規をご確認の上、適切なお取扱をお願いいたします。

    用途:ガス分析、放射温度計測、遠赤外カメラ撮影、熱追尾装置

    ・コート:DLC、AR(中赤、遠赤)・推奨最高使用温度:~250℃

    カルコゲナイドガラス窓   (透過波長帯:0.75~14μm)

    カルコゲナイドガラス透過率グラフ カルコゲナイドガラス外観画像

    中~遠赤透過材では唯一、成型までを金型で行うことができ、大量生産時のコスト低減に高い効果を発揮します。反射防止コートも可能です。

    用途:ガス分析、放射温度計測、中~遠赤外カメラ撮影

    ・コート:AR(遠赤)・推奨最高使用温度:~150℃

    ダイヤモンド窓   (透過波長帯:220nm~THz・ミリ波・マイクロ波)

    ダイヤモンド透過率グラフ ダイヤモンド外観画像

    220nmからTHz・ミリ・マイクロ波までの非常に広い波長透過域があります。また優れた硬度・熱伝導性・化学的安定性・耐磨耗性をもち、他の物質では耐えられない過酷な環境で使用可能です。反射防止コートも可能です。

    用途:分光計測、THz測定、耐強酸・強塩基の測定窓、レーザー

    ・コート:DLC、AR(中赤、遠赤、CO2レーザー用)・推奨最高使用温度:~450℃

    その他窓

    石英、MgF2、LiF、NaCl等の赤外材料もあわせて取り扱っております。詳細はお問合せ下さい。

    TOP > 製品情報 > 赤外線部品 > 赤外窓