赤外線機器・部品の輸入・製造・販売
アイ・アール・システム社名
アイ・アール・システム社名(英)
TOP > 製品情報 > 赤外線部品 > 赤外窓

赤外窓

主な材料

紫外~赤外まで幅広い波長域に対応するラインナップ

選び方

赤外窓は、カメラやセンサが内蔵された計測器の内部保護や、装置・容器の気圧隔絶用・封止用として使用されます。
窓材の性質によっては環境耐性の向上という利点を得ることができます。

窓材とサイズがお決まりでしたら、こちらよりお見積り依頼をお願い致します。
見積依頼フォーム

窓材の特性一覧

窓材 耐水性 耐キズ性 耐圧性 耐熱性 耐熱衝撃性 耐薬品性 可視透明性
Ge(ゲルマニウム) 100℃ ×
Si(シリコン) 200℃ ×
サファイア 1500℃
ダイヤモンド 450℃
CaF2(フッ化カルシウム) 600℃(常湿) ×
KBr × × 300℃ - ×
BaF2(フッ化バリウム) × × 500℃(常湿) × ×
ZnSe(セレン化亜鉛) 200℃ ×
ZnS(硫化亜鉛) 250℃ ×
カルコゲナイドガラス 150℃ × ×
ポリマー系 × - - ×
クォーツ - -

■各項目について

項目名関わるアプリケーション
耐水性、耐キズ性野外環境への曝露
耐圧性真空などの圧力がかかる場合
耐熱性高温環境での使用
耐熱衝撃性低温⇔高温の変化が激しい環境での使用
耐薬品性薬品への曝露
可視透明性可視での観測も必要な場合

即納・格安の在庫一覧はこちらへ

上記以外の窓材や、赤外窓の使い方についてご質問がありましたら、
お気軽にお問合せください

TOP > 製品情報 > 赤外線部品 > 赤外窓